あ、ニキビケアにも最適なのが顔の産毛処理!【化粧ノリも違う】

ニキビケアにも最適なのが顔の産毛処理

ニキビケアに最適なのが、顔の産毛処理をすることです。吹き出物は誰もが体験をすることですが、吹き出物はできてから慌てるよりも、できないように肌を整えておくほうが前向きです。肌に吹き出物を生じさせないために、できるのが顔の産毛処理です。

 

産毛のシェービングをすることで、表皮や毛に付着をした、不溶な皮脂や汚れが一緒に除去されます。汚れが毛や産毛に付着したままだと、吹き出物を悪化させる菌を、どんどん引き寄せてしまいます。毛穴はとても詰まりやすくなりますし、皮膚には肌荒れの状態が生じます。

 

顔の産毛をシェービングで処理してしまえば、吹き出物を生じさせる菌も、その分だけ集まりにくくなります。毛穴からは皮脂がどんどん出て切るので、表皮にも余分な皮脂が溜まりやすくなるので、産毛を処理すると毛穴の皮脂の詰まりも解消をしやすくなります。

 

産毛のシェービングをすることで、きれいな毛穴の状態を維持しやすくなります。吹き出物ができにくくなるには、毛穴が綺麗なことが必須の条件です。肌荒れにもなりにくくなるのは、産毛のシェービングをすることで、基礎化粧品の浸透もとてもよくなるためです。

 

潤いがある肌は、無駄に乾かないので、ニキビもできにくいです。

 

 

顔の産毛処理はどのぐらいの頻度で行うか

脱毛をすることで肌をきれいに保つことで、周囲にいる人々に対してイメージアップをはかることができます。顔などの場合には、産毛が生えることがありあまり目立つような毛ではありません。

 

ですが、産毛もそのままにしておくと毛に対して汚れや皮脂などがからんでしまい、毛穴を詰まらせる原因や化粧をした場合に化粧が浮いてしまうという可能性があるため、定期的に産毛処理をすることも大切です。

 

顔の産毛処理をする頻度としては、数週間に一度程度でも問題ありません。産毛は毎日剃るほど目立つようなものではありません。ですが、何もせずにいると徐々に産毛が伸びてしまい肌荒れの原因になることや化粧がしにくくなる可能性が出てくるため、顔の産毛処理は定期的に行う必要はあります。

 

産毛処理をする際には、かみそりなどを使用して軽く剃ることで対処しましょう。産毛のため毛は細くそれほど強い力を入れて剃る必要がないというのはメリットです。ですが、カミソリの刃が肌に対して負担になることは確かです。

 

シェービング用のジェルなどを使い、肌への負担を軽減して処理することも大切です。処理をした後は化粧品などを用いて肌の保湿をしておくことで肌の状態をきれいな状態に保つようにしましょう。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

男性も女性も行いたい顔の産毛処理

男性も女性もどちらも行いたいのが顔の産毛処理です。男性の場合にはヒゲがもっとも気になるのですが、伸ばしている人でなければ毎朝きちんと剃っています。しかし、剃っても夕方頃には青々としてしまう人もいますので、そうなるとかなり気になってしまいます。

 

最近は肌をツルツルに保つ男性も増えていますが、いくら肌が綺麗でも青々としたヒゲが生えていれば台無しですので、きちんと処理を行うことが大切です。男性のヒゲは目立ちますので、レーザー脱毛で処理をしてしまうのが一番です。出力が強いために数回でもはっきりとした効果が現れます。黒いメラニン色素に反応させる施術なので、色素の濃いヒゲには十分な反応が得られるはずです。

 

女性の場合には産毛が鼻の下や頬、額にたくさん生えていることが多いのですが、この産毛が曲者です。生やしたままにすると毛穴が開いてしまいますし、皮脂の分泌量が増えて黒ずみの原因にもなります。

 

また、女性はメイクをしますが、メイクも定着しにくいので短い時間で崩れてしまいます。女性の顔の産毛処理でお勧めなのは一照射あたりの面積が広くて刺激の少ない光脱毛です。痛みがかなり小さいことや肌中のコラーゲンを増やせることが主なメリットです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

口周りの産毛処理はスキンケアクリームで!?

口周りの産毛処理に関して諸説ありますが、口周りの産毛の濃さ、太さ、肌の強さ、弱さによって大きく個人差があり、おすすめの処理方法も違ってきます。
まず敏感肌の人は口周りの産毛処理をするというよりは、薄くするスキンケアクリームなどで、保湿、美肌をしながら、毛根を弱くしていくのでいかがでしょうか?

 

エステサロンなどで、お肌の状態を強くしながら永久脱毛という方法もありますが、光照射などの優しいレーザーでも、敏感肌の人は赤みが出ることがあります。
もう1つは優秀な美容液ファンデーションやコンシーラーで隠せる程度であれば、もう口周りの産毛処理をせずとも、お肌に負担がかからないので良いと思います。

 

さらに、定期的に口の周りの産毛処理をすることで、何ら問題ない女性であれば、カミソリではなく、お肌への負担を少なくする電気シェーバーを使ってみましょう。
ただ一番大切なのは、口の周りの産毛がなくなることですが、お肌が黒くなってしまったりするともったいないので、なるべくたっぷりと保湿するよう心がけましょう。

 

特に、カミソリや電気シェーバーで処理した後のお肌は、少なからずダメージを受けておりますので、そこから水分が蒸発しないように気をつけてあげることが大事です。
顔の産毛処理メリットについては、よくご存知の通り、まずは顔の産毛がなくなるわけですから、顔の色が明るくなります。

 

そして、お化粧のノリがよくなります。これは、顔の産毛処理をした女性なら誰しも気付いていることかも知れませんね。
もう1つ、意外なことに、ニキビ肌が改善されるというのです。

 

もちろん顔の産毛処理をすることは、すくなからずお肌を傷めることにはなりますが、それ以上に、顔の産毛処理によって、毛穴が詰まりにくくなります。
そして、ニキビ予防になるということです。

 

少なくとも2〜3週間はあけるようにしましょう。顔の産毛の生え変わりはたいだい20日、3週間と言われていますので、そのぐらいでちょうどなのです。
最後に顔の産毛を処理することで濃くなると思い込んでいる人、そうなったという人がいると思いますが、それはありません。

 

毛の太さが太くなることも、本数が多くなることもないのです。
濃くなったと目の錯覚があるかもしれませんが、それは、一度剃った毛の肌に近い一番太い部分が上に上がってきて、それまで先の細い産毛が太くなったと思うのです。
だから、顔の産毛処理をしても、濃くなるというのは本当ではありません。

 

また、顔の産毛処理で注意することは、何度も書きますが、処理後にたっぷりと保湿してあげることです。これは、カミソリでも、電気シェーバーでも同じですが、お肌のダメージを考えると、傷ついたところからの水分の蒸発が考えられます。

 

つまり、保湿をしてあげることで、いままで以上のぷりぷりお肌ができあがる可能性があるということです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

【PR】産毛クリームのノイスを買うなら公式通販がオススメ!

更新履歴