顔の産毛処理のせいでニキビが?

顔の産毛処理のせいでニキビが?

顔の産毛処理をするとニキビが出来にくくなる、ニキビができると色んな意見がありますが、真意はどうなのでしょうか?
顔の産毛処理をしていて、かつニキビにも悩まされている女性ならすごく興味がありますよね。

 

顔の産毛を剃ってニキビができにくくなるという学術的な考察を見つけたので、ご紹介します。
余分な皮脂、汚れといった悪玉アクネ菌の増殖により、ニキビは発生します。

 

つまり、そのような汚れや余分な皮脂は、顔の産毛に絡んでいることが多いのです。
だから、不衛生な産毛が大量に生えていると、付近のニキビを悪化させてしまう要因にはなり得ます。

 

その意味では、定期的に顔そりを行って産毛を処理することは悪くない選択なのですが、絶対にニキビが出来ないというわけではありません。
軟毛性毛包は顔の全面、頭皮(特に生え際付近など)に多い毛穴です。

 

大人ニキビが出来にくいはずの“顔の中心に近い頬”や髪の生え際付近のことです。
それが思春期でもないのに、鼻周辺にニキビのような炎症が生じた場合は、脂漏性湿疹といった皮膚炎を疑ったほうがよいかもしれません。

 

脂漏性のニキビは、皮脂に含まれているある真菌の働きで脂肪酸というものに変わり、その脂肪酸へのアレルギー反応から接触性皮膚炎へと発展したもの。
脂漏性にきびの可能性を感じた場合には皮膚科を受診するようにしてください。

 

まず、顔の産毛とニキビの関係はあるようです。でも、とにかく剃るにしても、剃らないにしても、顔の肌はいつも清潔にしておかないとダメということです。

 

本当に驚きですが、女性が社会で活躍すると、男性化して女性ホルモンが減るそうです。
つまり、もとからあった男性ホルモンが優位になり、産毛が濃くなったり、さらにはひげのようになったりする女性が多くなってきたそうです。こんな風に男性ホルモン優位となる原因のひとつはストレスです。

 

では、産毛はもともと普通に体毛として生えていますので、ホルモンバランスが崩れることで、産毛が濃くなったなと思う女性は、私生活を見直してみてください。
ストレス発散する場を作りましょう。トレッキング、ジョギング、ヨガ、みなさん色々と趣味をお持ちで没頭できる時間があればストレスは軽減されます。

 

もう1つが規則正しい内容の揃った食生活です。1日3食栄養バランスの整っている食事を摂取してください。

 

女性ホルモンと同じ作用で有名なイソフラボンが多く含まれる大豆製品を多く摂取することを意識して、ホルモンバランスの崩れを元に戻してあげましょう。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?